読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠兎の日々

ゲーム&アニメ好き主婦の日常の出来事をまったり更新

そんなことが出来るように

4/11に花騎士メンテがありました。いつもより少し遅いメンテ終了時間で『春めくスカネの古書祭り』後半が始まりました。

メンテが予定より少しでも長引くと華霊石を配布してくれる運営さん太っ腹です。

このメンテでは他にも色々追加された要素もあったみたいですね。

その色々の中で私が個人的に気になったのをピックアップ。

 

①再復刻イベント『滅びの都市ブレーメン

復刻イベ途中(ギンリョウソウさん)からプレイし始めたので、個人的に再復刻イベントめちゃ嬉しいです♪

「一度復刻イベントしてるし、再復刻するにしても現行の復刻イベントや本イベントと合わせて開催することになるしなぁ」

と諦めていたので。

この再復刻イベントは常設任務になるらしいです。(現在は討伐スペシャルタブにありますが、次回メンテ時に移行予定)

「常設になるとは…ラベンダー以降の再復刻もあるとしたら常設になるってこと?だとしたら、クエスト選択めちゃいっぱいになるやんね?運営さん大丈夫なのかしら?」

と、余計な心配をしております。

 

②デイリー&ウィークリークエスト

見直しと追加がありました。

デイリーの探索クエストの緩和(その1とその2両方の必要回数が1回ずつ減少)と、シークレットガーデンその3のクリア回数2回→1回への変更に「ありがたい!」と思いました。

他にも必要回数が減少しているものもあったんですけど、私は上記2つが「クエストこなすのに結構手間やなぁ」と思ってたので、だいぶ有難く感じましたw

ウィークリーは、今回のメンテからスタートされたクエストです。

まだまだ戦力が整っていない眠兎騎士団、入手手段が限られてるアンプルゥをGETできるウィークリークエスト実装には、ほんと運営さんありがとー!です。

 

③花騎士のステータス上方修正

こういったゲームでは同じレア度でも、ステやスキル、アビなどで性能の差がどうしても出てきます。性能がよろしくないと『ハズレ』扱いされてしまうこともあり、悲しいことです。

「愛があれば、性能なんか全然問題ない!」

とも思うのですが、性能がよろしくないよりは、やっぱりあった方が嬉しいってのも正直なところ。

 

ステータスの上方修正はお知らせで見ていたのですが、

「デッキの組み方とか、金のこでも『この子はこれ(ステ高い、素敵スキル持ち)やからデッキに組み入れやすい』とか、まだまだ所属人数の少ないうちの騎士団では無理やからな~、そのうち色んな子が増えてきてから考えよ♪というわけで、今デッキにいる虹っこ金のこたち、君たちにしばらく入れ替え予定はないので馬車馬のように頑張れ(酷い)」

と思っていたので全然意識してなかったのです←

 

…が!戦闘画面をぼんやり見ている時

「あれ?この子HP吸収してる…そんなこと今までしてたっけ???」

と気づき調べてみたら、このアップデートでスキル追加されて、さらにステもよくなったらしい。

よくなったことは喜ばしいことですが、でもこうなってくると結局次は『この子は上方修正されてよくなった、それなのにこの子は…』と新たな犠牲花騎士が生まれるのでは?と余計な心配をしております。

 

スキルやアビにもう少し幅ができれば、ステ的に同じくらいでも、それぞれの良さが生かせる場面ってのでバラエティにとんだ組み合わせが出来るような気もするけど

「じゃぁ、新スキル新アビってどんなのがいいと思う?」

と聞かれると

「…どんなのがいいやろね?」

と私の発想力のなさを披露することになります。ので、誰か発想力がすげぃ人がんばって!と他力本願。

 

④マイセットの上限数追加

6セットまで

でしたが、12セットまで解放可能になりました。華霊石3つ使用で1セット追加になります。

私はまだバラエティをもたせるほど花騎士が所属していないので今のところ必要はないですが、色々なクエストに合わせて使い分けている方にとっては朗報だと思います。

私もいつかそんなバラエティにとんだ騎士たちの組み合わせができるような騎士団になりたいです。…希望はもっておこう。

 

と、つらつら書いたけど、運営さんが積極的に色んな部分の見直しや、追加をしてくれるのはとてもいいことだと思います。色々試みをしている運営さん、停滞をよしとせずよりよくなるように考えてくれているのを感じます。

新実装なんかで不具合も起きてるみたいですが、それはしょうがないことですしね。

それなのに、ことあるたびに不具合お詫びとして華霊石を配布してくれるという。相変わらずの太っ腹。

 

先日登録者数90万人達成したみたいですし、24日には第三回公式ニコニコ生放送もあるようですので、今後の動向も期待しつつ花騎士たちを可愛がって(馬車馬のように討伐に送り出して)いこうと思います。